home>江戸時代参考資料>江戸時代の時刻 BACK
江戸時代の時刻(庶民の不定時法)

江戸時代の人は宵っ張りになった。菜種や綿の油が庶民にまで普及したからである。それでも彼らの一日はおおむね太陽の動きに沿って行われていた。その時刻制度について説明しよう。

 まず日の出36分ほど前の薄明るくなった時を明六ツ(あけむつ)、日没後36分頃のまだ薄明るいたそがれ時を暮六ツ(くれむつ)として、昼と夜の境目とした。そして明六ツから暮六ツまでの昼の時間と、暮六ツから明六ツまでの夜の時間をそれぞれ6等分して一刻(いっとき)とした。正午頃と午前零時頃の「九つ」からほぼ2時間毎に「いっとき」ずつ減らして、十時頃の「四つ」となり、その次がまた九つになるという奇妙な呼び方である。これでは一刻はだいたい2時間となる。ところが夏は昼の長さが長く、夜の長さが短いので、昼の一刻は長く夜の一刻が短くなる。一刻が変化するので、不定時法という。ただ昼と夜の境を毎日変更するのはめんどくさいので、二十四節気ごと、すなわち15日に一度くらい、明六ツと暮六ツの時刻を変える習慣になっていた。和時計はこうした不定時法に対応するように、重りや文字盤に工夫がこらされていた。こうした時計に基づき、太鼓や鐘を打つ数で時が知らされた。

また一日を12に等分して十二支に対応させて呼ぶこともある。一刻をさらに4つに区切り、一刻、二刻、三刻、四刻と呼んだ。いわゆる草木も眠る「丑みつどき」は、丑の三刻、だいたい午前2時から2時30分である。これはもともと定時法から出てきた時の呼称であったが、江戸時代の庶民はこれを不定時法的に使用した。ややこしい話ですね。